納豆の持つ美容効果やダイエット効果が、多くの日本人女性の健康に本当に役立つのを知っていますか。

実際に納豆を毎日食べることで、どのような栄養素を摂取できるのか、女性に役立つ効果とは。

積極的に納豆を食べることで得られる美容効果やダイエット効果について、納豆の栄養価も含めて紹介します。

納豆は日本人女性の美容に役立つ豊富な栄養食なので、積極的に食べよう

納豆を毎日食べることで、美容や健康になんとなく役立つと理解している人も多いと思います。

でも実際に納豆にどのような栄養素がどれだけの栄養価で含まれているのか?それがどんな効果があるのかを理解している人は少ないと思いますので、まとめて紹介します。

実際に納豆を食べることで、どれだけ豊富な栄養素を摂取できるのかが明確になると、より積極的に納豆を食べて、美容面で役立てることができますので、参考にしてください。

納豆を食べると豊富なタンパク質を摂取できる

納豆の原料である大豆には、非常に良質なタンパク質が豊富に含まれていることで、アミノ酸の摂取にも役立ちます。

豊富なタンパク質で筋肉を強化したり、皮膚の若さを保つ効果も。

100gの納豆のタンパク質含有量は、16.5g。

同様にタンパク質の多い食品と比較すると、

  • 生カツオ:25.8g
  • 若鶏:22.9g
  • さけ:20.7g

納豆を食べると豊富なビタミンB2を摂取できる

納豆はビタミンB2の供給源としても、非常に役立つ効果が期待でき、ビタミンB2は、細胞の再生を促進する水溶性のビタミン類。

健康な皮膚や髪の毛、爪の原料になり、その成長を促進する効果も。

100gの納豆のビタミンB2含有量は、0.56mg。

同様にビタミンB2の多い食品と比較すると、

  • 豚レバー:3.6mg
  • 干し椎茸:1.4mg
  • うなぎの蒲焼き:0.74mg

納豆を食べると豊富なビタミンEを摂取できる

ビタミンEは、抗酸化作用に非常に優れた成分で、皮膚細胞の水分と油分のバランスを整え、肌の老化の原因になる活性酸素を除去する効果も。

美肌効果や美白効果も期待できるエイジングケアに役立つ栄養素。

100gの納豆のビタミンE含有量は、1.2mg。

同様にビタミンEの多い食品と比較すると、

  • アーモンド:31.2mg
  • 大豆油:19.5mg
  • マヨネーズ:17.7mg

納豆を食べると豊富なカリウムを摂取できる

カリウムは体内に不要なナトリウムを排出することで、皮膚細胞の再生を促進することで、美肌づくりには欠かせない成分。

100gの納豆のカリウム含有量は、660mg。

同様にカリウムの多い食品と比較すると、

  • 干しひじき:55.0mg
  • 豚レバー:13.0mg
  • あさり:3.8mg

納豆を食べると豊富なマグネシウムや亜鉛を摂取できる

ミネラル類のマグネシウムや亜鉛は、皮膚細胞の再生促進に作用することで、美肌づくりに役立つ栄養素。

細胞の新陳代謝を促進する際に補酵素として作用し、マグネシウムは300種類、亜鉛は200種類もの酵素を助ける作用があります。

100gの納豆のマグネシウム含有量は、100mg。

同様にマグネシウムの多い食品と比較すると、

  • アーモンド:290mg
  • きな粉:240mg
  • 落花生:170mg

100gの納豆の亜鉛含有量は、1.9mg。

同様に亜鉛の多い食品と比較すると、

  • かき:13.2mg
  • 豚レバー:6.9mg
  • ホタテ:2.7mg

納豆を食べると豊富なレシチンを摂取できる

食材の中で、納豆は卵黄に次ぐ豊富なレシチンを含有しています。

レシチンは細胞膜の構成成分であり、皮膚細胞の再生や強化には欠かせない成分なので、美肌づくりに役立つ作用が。

100gの納豆のレシチン含有量は、0.9g。

納豆を食べると豊富なイソフラボンを摂取できる

大豆イソフラボンと言えば、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用が期待できる栄養素。

ストレスによるホルモン分泌の低下による老化予防や、エストロゲンの分泌量の低下を下支えして、若さを保つ作用が期待できます。

100gの納豆のイソフラボン含有量は、106000μg。

同様にイソフラボンの多い食品と比較すると、

  • きな粉:258900μg
  • 大豆煮豆:75200μg
  • 油揚げ:73600μg

納豆を食べると豊富なサポニンを摂取できる

サポニンは、血液中のコレステロール値の低下と中性脂肪の低下が期待できる成分。

抗酸化作用も期待できるので、美肌づくりにも役立ちます。

 

納豆を食べると豊富な食物繊維を摂取できる

納豆菌と食物繊維の相互作用で、非常に優れた整腸作用を発揮し、美容やダイエットの天敵である便秘をしっかり解消してくれます。

100gの納豆の水溶性食物繊維含有量は、2.3g。

同様に水溶性食物繊維の多い食品と比較すると、

  • しろきくらげ:19.3g
  • 切り干し大根:3.6g
  • プルーン:3.0g

100gの納豆の不溶性食物繊維含有量は、4.4g。

同様に不溶性食物繊維の多い食品と比較すると、

  • 干し椎茸:38.0g
  • 切り干し大根:17.1g
  • ライ麦パン:3.6g

納豆を食べると豊富なムチンを摂取できる

ムチンは胃粘膜を保護し、胃腸不良の改善に役立つ栄養素。

消化吸収率が改善されることで、食事で食べた栄養分をしっかり活用することができるようになり、皮膚の生成も促進されます。

納豆は美容やダイエット効果に優れた栄養素を抱負に摂取できる

納豆の栄養価をチェックしてみることで、どれだけ豊富な栄養素をバランス良く含有している食材なのか?ということがわかったと思います。

日本人女性の平均寿命が長いのも納豆の持つ効果のおかげで、納豆を毎日食べ続けることで、美容や健康に役立つのがよくわかったでしょう。

実際にこれだけの栄養バランスに優れた食材である納豆ですが、スーパーなどでは、3パック100円程度で購入できる非常にコスパに優れた食材。

豊富な栄養素を含み、食事で摂取した不要なものを排出する。

非常に優れたデトックス効果があることで、腸内環境を改善して、便秘を解消してくれます。

宿便を排出したり、腸内環境が善玉菌優位になることで、腸内で有毒ガスや有害物質が作られなくなり、血液もきれいになり、美肌にも効果的。

便秘がちになると、ニキビや吹き出物ができたりと肌荒れがどんどんひどくなりますので、普段から納豆を食べて、腸内環境を正常化していきましょう。

そうすることで、非常に優れた美容効果を実感することができますよ。